2014年6月15日日曜日

あなたは大丈夫?牛刀を持って鶏を割くな





ストレスという言葉を日常的によく耳にします。
毎日満員電車に揺られて通勤している時?
渋滞に巻き込まれた時?仕事や家庭の中でのイライラ?
このように毎日の生活で日々ストレスを感じているなーと
思う方も多いのではないでしょうか。

ストレスは誰でも感じるものですが、日常つねに感じるようになったら危険信号。
実はその影響力は心臓病などの病気から肌を老化させるまで、
かなり幅広いものに及ぶのです。


満員電車のストレス


研究結果によると、満員電車で毎日通勤をしている人としていない人では
ストレスレベルに大きな違いがあることが分かっています。
ここで純粋な疑問を持つ方もいるではないでしょうか。
「ストレスってどうやってはかることがでるのか?」
実は、血液中のコルチゾールレベルを測ることで、
個人が感じているストレスのレベルを知ることができるのです。

コルチゾールとは何なのでしょうか?
コルチゾールは、糖質系ステロイドで人間が生きていくために必須なホルモンです。
何千年もの昔は、動物などに殺される身の危険を感じた緊急時のストレスに対応するために分泌されるホルモンで、人間は高ストレスに適応するための力を身につけてきました。

しかし現代社会では、ちょっとしたストレスに対してコルチゾールホルモンを分泌するようになってしまい、日常の出来事で血液中のコルチゾールの量が増えすぎてしまったのです。これは牛刀を持って鶏を割くという諺に例えられそうです。




ストレスの恐ろしさ


しかし現代社会では、様々なストレスが毎日のように存在するようになり、
そのストレスにうまく対処する方法を知らなければ、
ストレスにて体が蝕まれ死に至るほどの危険を伴うものとなりました。
ストレスに対応しようとする生理的な反応と高血圧 肌の老化、
免疫力の低下から、記憶力の低下などなどの病気には
大きな関係があると言われています。

これ以外にもまだまだありますが、どんなに体に悪影響を与えるものか
イメージがわきましたか?


つまりストレスを感じ続ける生活が続くと、コルチゾールのレベルが上がり続け、
その結果健康に様々なレベルで悪影響を与えます。

年寄りも老けてみえる人っていますよね?
もしかしたらそれにもストレスが関係しているかもしれません。

コレチゾールレベルが上がると肌の中のコラーゲンを減少させます。
コラーゲン不足の肌は、肌に弾力がなくなりしわっぽい肌になってしまうのです。
さらにコレチゾールレベルが上昇すると、たんぱく質の再生を損ないます
つまり、ストレスを感じている人の体は、筋肉や組織などを修復するために
必要なたんぱく質をうまく利用ができない状態になってしまっているのです。
コレチゾールレベルが高まると、骨の形成にも障害を与え、
骨粗しょう症なども引き起こします。






また重要なことにコレチゾールが”フラッシュバルブ記憶”の形成に
大きな役割を果たしています。
(フラッシュバルブ記憶とは、劇的で感情的な出来事がそのまま写真のように記憶に焼き付けられる記憶のことです。)
そこでコレチゾールに長期間さらされることで、海馬(脳の一部で脳の記憶等に関わる脳器官)の中の細胞にもダメージを与え、記憶力や学習能力にも障害を与えるのです。


もちろんストレスを感じずに生活をするのは不可能な事で、
多少のストレスは自然で当たり前のことです。
しかし長期的に続く過度のストレスは体や人生を蝕むものですので注意が必要です。


そこで次回は、ストレスにどのように対処をするべきか?についてお話しします。

2014年2月25日火曜日

おばあちゃんは間違っていた?





成長をとめるからダメ!

子供の頃、「子供はコーヒーを飲んじゃダメよ。成長がとまるから!」
とおばあちゃんから言われたことありませんでしたか?

最近あまりこの言葉を耳にすることがなくなったような気がしますが、
これって本当なのでしょうか?
実際には、このいわれは間違った事実によるものだったようです。

カフェインを良くないとする多くの古い研究結果は、喫煙や運動不足が体に悪い
という今では当たり前の事実さえも否定するほど古く間違ったものもあったのです。



驚きのカフェイン効果!

カフェインは昔から、つねに賛否両論ある成分と言っても過言ではありません。
でも、実際は古い研究結果による勘違いや偏見が多いのも事実です。

現在では、カフェインが健康にとって多くの効能があることが証明されています。
例えば、緑茶抽出物に含まれるカフェインは、
脳の働きや代謝を高めてくれる効果があります。
さらに集中力や注意力などの脳機能を高めてくれるだけでなく、
緑茶やコーヒーに含まれるカフェインには、
神経に働き気分を落ち着かせてくれる働きもあるのです。
ガラナにも、カフェインが含まれていますが、そのガラナにも
脳の働きを高める効果があることが研究結果により証明されています。
もちろん、カフェインの効果だけとは言えませんが、
カフェインとガラナに含まれる他の成分が混ざり合い効果を発揮してくれるのです。





"まずいコーヒーでもコーヒーがないよりはマシだ。"
-デーヴィッド・リンチの言葉-


それでは、ここでコーヒーに話を戻しましょう!
現在では、適量のコーヒーを飲むことは、身体にいことが科学的にも証明されています。
コーヒーにはフルーツや野菜に含まれる抗酸化剤よりも
人間の体が容易に摂取しやすい抗酸化物質を含んでいるのです。

最近よくこの抗酸化という言葉を聞くようになりましたが、この抗酸化物質が優れもので、
肝臓癌、大腸癌から心臓病、パーキンソン病や糖尿病2型などの
病気から体を守ってもくれるのです。
また、コーヒーに含まれる高レベルの抗酸化物質は、
気分を高めてくれる効果さえもあります。
もちろんコーヒーやお茶などの抗酸化物質が多く含まれる食べ物や飲み物にも同様に、
鬱を食い止めてくれる効果があります
さらにコーヒーには、肝硬変の病気からも守ってくれるという研究結果もでています。


つまりここでのポイントは、今までお伝えしてきた2成分
カフェインと抗酸化物質です!この両成分の効果は驚くほど幅広いものです。

カフェインは消化後血流に吸収され、脳にまで達し、そこで抑制性神経伝達物質
であるアデノシンを抑制するといわれています。
ノルアドレナリンやドーパミンを増加させる効果があり、これらは神経細胞活動を活発にし、
その結果脳の働きを活性化してくれるのです。
(ノリアドレナリンは集中力アップにドーパミンは注意力の向上につながります。)
コーヒーに含まれる抗酸化物質は、ローストされたコーヒーに
さらに増加し、病気を防いでくれる抗酸化物質の役割をします。






コーラーは厳禁!


ちなみに、コーラを飲んでも効果があるか?というのは間違いです。
なぜならコーラに含まれる抗酸化物質は純粋なものではないのからです。
コーラには、糖分、水分とカフェインが混ざっているもので、
逆に鬱の可能性を増加させてしまうのです


緑茶、コーヒーはもちろんGanbaMAX® プラスにも、
ナチュラルなカフェインとともに抗酸化剤が含まれています。
この2つの組み合わせが、健康と脳機能を高めるという
研究結果が広くおこなわれていますので、ぜひお試しを





2013年12月9日月曜日

現状を抜け出すための一歩とは?

最近人生が先に進まず、現状にはまってしまっていると感じることはありますか?
どうすれば、現状から抜け出だせるのか?と考える毎日。

新しいことに挑戦したい、新しい仕事や趣味などをスタートしたいと思っても
なかなか最初の一歩が踏み出させない。
もしくは、目の前の忙しさに追われ簡単なことから、
逆にやりたいことではなく、やらなければいけないことばかりで日々を過ごしてしまい、
肝心のやる気がでないなど。皆さんそれぞれ様々な状況にいるはずですが、
共通していえる問題点は、『先延ばし』では?





そこでどうすれば、そんな現状から抜け出せるのか?

.....まずは、日常と何か違うことをしてみる!


まずは、毎日の日課から抜け出すこと。結局毎日同じことをしているから同じ生活。
これこそが大きな問題です。考えることをやめて、何かいつもと違ったことをしてみましょう。
この場合、仕事とは関係がないこと、もしくは自分が先に進めないと思っていることとは
関連しない別のことをお薦めします。


なんといっても体を動かすこと!


昔からよく言われている通り、悩みがあれば何も考えず外にでて体を動かしなさい!と。
実はその通りで、体を動かすと脳があらゆる方向で活性化してくれます。
つまり創造性から記憶力に至るまで、運動で能力がアップするのです。
散歩やランニングをする、もしくはジムにいく、ヨガやストレッチをするでも、
とにかくどんなことでもいいので体を動かしましょう!
家や仕事場以外の場所で行う方が、さらにリフレッシュできるはずです。



 ロードトリップへ!


数日時間がとれるのであれば、ロードトリップにでかけてみるのもグッド!
クリエイティブな思考が活性化され、苦境をはねのけるパワーがもらえるはず。
キャンプや、スキーに出掛けたり、少しの間会っていない友人の家を訪れてもいいかもしれません。リフレッシュできる週末予定をたてましょう。
目的地に行くこと以上に、旅に出ることで気持ちが前向きになるはずです。



楽器を弾く!


楽器が弾ける人なら、ピアノでもギター、ドラムでもとにかく無我夢中で弾くこと。
新しい曲を練習したり、元々好きな曲を演奏してもよし。
音楽を演奏することで、脳の様々なパートび刺激が与えられます。
脳をリフレッシュするのに最適です。

もしも楽器が弾けないというのであれば、次のポイントを試してみましょう。


音楽のパワーを!





リラックスして座り、ヘッドフォンをして目を閉じ音楽をかけましょう。
そして音楽だけに集中して音楽を聴いてみてください。
何かをしながら音楽を流すのではなくて、自分の気持ちが上がる曲をかけ、
周りの音とシャットダウンするくらいの大音量で、集中して音楽を楽しんで聴いてみてください。
これは、現状悩んでいることに全く関係ないことで、
脳を刺激活性化させるための方法論なのです。
音楽を聴いて頭の中がクリアになったら、ペンをとり近い目標、と大きな目標/ゴールを
書き出してみましょう。



読む・読む・読む





本を手に取り、何章か何も考えずに本を読みましょう。
フィクションでも、ノンフィクションでも、誰かの自伝でもOK。
その中でもお薦めは、有名人や成功者の自伝。成功者が逆境や失敗を
どう乗り越えたのか、その実体験を読むことでやる気が沸いてくるはずです。
本には、偉人の知恵が一冊に詰まっています。
また新しいアイディアを得るのに、アメリカベストセラーお勧めの本を紹介。
著者マルコム グラッドウェルの、「ティッピングポイント」「第一感 最初の2秒のなんとなくが正しい(ブリンク)」「アウトリター」天才!成功する人の法則」は
新たな視点やアイディアを得るのにお勧めです。


テッドトーク(TED)とは?



パソコンを使って気分転換のために唯一お勧めするのならば、
「TED Talk〜テッドトーク。」
ご存知ですか?著名人から様々な分野の人々の素晴らしいスピーチがみれます。
日本語の字幕もでるので、ぜひお勧めです。
その分野の専門家の話を聞いているだけで、自然とパワーや創造力が芽生えるはずです。
新たな視点や考え方に触れたい時こそここに答えがあるのでは?




つまり、今のはまってしまっている現状から抜け出すには、
その現状と全く関係のない環境を作ることが大切。
数時間でも一日でもそういう時間を持つことで、新たな道が開けるはずです。
新しい年に向かってぜひ変化の第一歩を!


2013年11月27日水曜日

年末に向けストレス軽減のためのヒント!

以前にもストレスに関してブログで書きましたが、
忙しい日常生活で、ストレスを感じずに生活するのはなかなか難しいことです。
そこで特に年末の忙しい時期に、ストレス軽減のためのヒントをお伝えします。





①心のオアシス時間を持つ。

朝起きてから会社、電車の中でも無意識のうちに多くの情報に
触れています。脳や意識が休まることがない生活。
だからこそ、パソコンやスマフォをオフにして、ネット検索やメールチェックなどを
しない時間を寝ている時間以外に意識的につくってみましょう。
簡単なようで、実はこれは慣れるまでは大変かもしれませんが、
周囲ではなく、自分自身のための時間、心のオアシスをつくることが大切です。
ぜひ寝る前の時間にでも試してください。


ストレスを感じている人を避ける

これは大切なポイントです。意識していないかもしれませんが、
人は周囲の人や一緒に時間を過ごす人から精神的に大きな影響をうけています。
周りの人の行動や気持ちを鏡のように映し出してしまうことが、
脳科学的にも証明されています。
つまりストレスを感じている人といると、そのストレスを拾ってしまうのです。
もちろん、毎回避けるのは難しいかもしれませんが、ストレスを感じている
イライラしている人をなるべく避ける努力をしてみましょう。


③無茶/不可能な計画は立てない!

たいてい無茶な計画や期待こそがストレスの原因になります。
その期待が、自分で作りだしたものでも上司や他の誰かからのものであっても。
そこで現実を見極めることが大切。
どのくらいの時間があるもか、実際できることは何なのか
またやるべきことは何なのか優先順位を立ててみましょう。


④自分で変えられない物事に意識をむけない。
世の中には自分でコントロールできない出来事が沢山あります。
経済、政治、交通、他人の感情など。
そこで、自分でコントロールできない物事には
意識やエネルギーを注がない、こと。
自分の努力でどうしようもないことを気にするのは
時間とエネルギーの無駄で、必要ないストレスを感じることになってしまいます。
それならぜひ、自分が変えられることに意識を向けてみましょう!





自分のストレスの根源をみつめ、少しでも意識を変えてみるだけで
物事の見方が変わってくるはずです。

少しの意識で日常のストレスも軽減しますので
ぜひできることを今日から挑戦してみてください。

そして忙しいこの時期にこそ人生の救世主。
GanbaMAX®プラスも忘れずに!
ストレスに打ち勝ち人生をスーパーチャージ!







 

2013年10月23日水曜日

居心地いい今から抜け出す一歩を!

Everybody has a plan until they get hit." - attributed to both Joe Louis and Mike Tyson


皆殴られるまでは、しっかりとしたプランを持っているんだ。
 -元ボクサー王者ジョールイスとマイクタイソンの言葉とされている名言。




私達人間は、居心地のいい環境や空間を好みます。 
毎日同じ環境で無理をせず、自分ができないことは挑戦しない。
そんな居心地のいい状況を抜け出したい人がいるでしょうか?
居心地のいい環境、安心な現状。

しかし、そんな居心地がいい環境にいても本当に自分が手に入れたいもの
成し遂げたいものは手にはいらない。
居心地がいい環境にいるのが幸せなんだ!という人もいますが、
それは挑戦をしない人生ともいえます。

あなたは今の現状に満足していますか?
何か挑戦したかったこと、色々な理由をつけて先延ばしにしていませんか?

逆に困難な状況や予期していなかったことが起こった時に、
その安全ゾーンから抜けだそうと行動しはじめても手遅れなのです。

遥か昔の若い頃、私自身も変化や挑戦という恐怖に恐れていました。
実際は、何に恐れていたのかは分かりませんが、何かに恐れていたのです。
そのためか、危険をおかしたり自分が不安だと思う物事を避けてきました。

でも今となれば人は自分の境界線を広げていけると思っています。
昔は不安だと思ったことが、今では自分が居心地がいい楽しめるものに変化します。

ここで私の経験の一部を少しお話します。

まず1つ目は、今まで挑戦したことのなかった、激しいスポーツ格闘技をはじめたこと。
20代になるまでスポーツという本格的なものをやったことがありませんでした。
攻撃的な状況に最初はもちろん恐怖を覚えました。

しかし不思議なことに何度もパンチをうけ練習をしているうちに
うたれることへの恐怖がどんどん減っていきました。
今まで自分が恐怖を頂いていたものは、
自分の心がつくり上げた幻想だったのかもしれません。





その後は新たなスポーツの領域キックボクシングやランニングを生まれて初めて
挑戦しはじめたのです。その後私の日課になり今は生活の一部になっています。

もう1つのストーリーは、全く訪れたことのなかった国
日本へやってきたことです。

失敗や変化を恐れていては、自分の人生が前に進まない。
居心地のいい環境や人々に囲まれているだけでは前進はしない。という気持ちで
もう15年以上も前に文化も言語も全く異なる新たな国-日本の土地を踏みました。
その後もビジネスをスタートさせ、私は安全ゾーンから抜け出したことで
今まで想像もできなかったことを実現させることができています。

新たなことに挑戦し、自分の限界を広げはじめると
たちまち多くの可能性が目の前に広がります。

もしこうだったら・・・ともしもの話だけを
同じ環境でしていても何も変わりません。
変化を恐れないその気持ちこそが、大きな原動力となるのです。

ぜひ今日から、自分の居心地のいい環境から一歩踏み出してみてください。
何をチャレンジするか、考えて今日からぜひスタートをしましょう。

その楽な環境から抜ける一歩の勇気が、人生に大きな変化を
もたらしてくれるでしょう。


人生をスーパーチャージ!

2013年10月13日日曜日

できないと思うマイナスパワーVS できると思うパワー。

「できると思えば必ずできるし、できないと思えば成し遂げられない。
答えはどちらも正しいのだ。」
というのは、有名なヘンリーフォードの名言です。
またこの名言以外にも様々な成功者が同じような言葉を残しています。
例えば、化粧品会社Mary Kay Inc.を設立しわずか30年で
全米50以内の企業に築き上げたメアリーケイさんのこんな言葉があります。
「成功できると思えば必ずできる。できないと思えばそこで終わる。どちらも正しいのだ。」





日常生活の中で残念なことに「できない」という言葉をよく耳にします。
特に日本に長く暮らしていて感じたのが、困難な状況や難しいことを目の前にすると
「できない」「無理」と諦めてしまう人が多いということです。
簡単なことだったら誰にでもできてしまって、それをやる価値がないはずです。
また、なぜ現代人は大変なことに挑戦しようとしないのでしょうか?
できない、不可能だという言葉だけでなく、その考えさえもが
すべてを不可能にしてしまうのです。




もちろん日本の社会と欧米社会の文化的な違いもあると思います。
しかし、できない、と思う気持ちや言葉が脳に浸透して
失敗する状況を生み出してしまうそれが事実なのです。

逆にできると思えば、大半のことは成し遂げることができるはずです。
本田技研工業の創設者本田宗一郎さんも「やろうと思えば人間はたいていのことができるのです。」という言葉を残されています。
成功者は元々成功者なのではなく、「できる」という気持ちを持って
努力をしたからこそその結果をだす事ができた人たちなのです。


平凡な目標をもてば、平凡な結果しかだせないはずです。
できないと思えば、それが現実になってしまいます。
周りを見渡せばその事実が見えてくるのではないでしょうか。
どうせ私なんか、、いい結果がだせないはず、と思っていたらいい結果は必ずでません。
自分で限界を決めてしまえばその可能性はそこでとまってしまいます。





そこでマイナスのパワーを消し去ることからはじめましょう。
まずは、「できない」「不可能だ」「無理だ」という単語を
みなさんの言葉のリストから消す努力をしてみてください。
困難だと思うことこそ、成し遂げる意味があるはずです。

できる、成功すると思う言葉のパワーもあれば、
逆にできないと思うマイナスパワーも存在します。


私は、GanbaMAX®プラスという商品を通してみなさんに
挑戦するパワーをぜひ持って頂きたいと思っています。
たかがブレインサプリメント。されどブレインサプリメント。
皆さんの脳だけでなく人生をスーパーチャージできればと思っています。
ぜひ明日から新たな気持ちで過ごしてみてください。


人生をスーパーチャージしよう。

2013年9月13日金曜日

あなたは大丈夫?人生の夢遊病

昔からの友人と話した際、最近会った多くの人が、人生を夢遊病のように、
なんとなく生きているように感じられたと言っていました。
そんな人のことをみて、1年前に癌で亡くなった旦那さんのことを思い出したと。
彼女曰く、旦那さんはつねに『その瞬間を生きていた』。
周囲に注意を払い、そして周りを意識して行動ができる人であった。
そんな興味深い話をし、フッとこんな疑問が浮かんできました。
最近、『今の瞬間を生きている』と実感したのはいつだろうかと?
いったいどの位の人が、一日の中の一瞬にでも注意を払い意識して生活をしているのか?
周囲を見回せば、多くの人が寝ているようにあたかも
夢遊病のように毎日を過ごしているように思います。



特にここ10年間、携帯やスマートフォンが普及しつねに、画面にばかり向かって
周囲を見渡すことをしない人々。歩きながらスマフォ片手に事故にあったり、
最悪の場合、死に至ることもあります。
なぜ現代人は、こんなにもぼーっとして周りのことを気にしなくなってしまったのか?
んな訳でスマートフォンを個人的には利用しないように避けています。

(もちろん今までの携帯電話はもうすぐ存在しなくなってしまうと思いますが。)
その代わりにミニタブレット(Kindle Fire)などを愛用しています。
スマフォとの違いは、ポケットサイズではないので、使う度に鞄の中から
意識的に取り出すという行為をしなければいけません。
メッセージがやメールがくる度に、お知らせがきたりしませんから、
意識をしないとわざわざ簡単にチェックしません。
逆にスマフォの場合、無意識のうちにいじってしまったり、

手軽にいつも近くにあるためメッセージが来るたびにチェックしてしまったり、
と意識をそらされることが多いはずです。



注意力を高め、記憶力を高めたい?幸せになりたい?
そのために一番大切なこととは、ずばり気が散るものを取り除くこと
実はこれは科学的にも実験的にも証明されている事実なのです。
日常的に気が散る環境にいる人は、健康や記憶力さらには
幸せにまで悪影響を与えると言われています。
また注意力を高めるのはそんなに難しいことではないのです。
とはいっても、単純で簡単に思えることこそ、実際おこなうには意外に難しかったりします。
そこでどうすれば「注意力が上がるか」というポイントをここでご紹介します。
まず1つ目のポイントは、
①自分の意識を自分でコントロールすること
そうすることで、その場で起こっていることを実感できます。
2つ目のポイントは、
②今の体験や経験に興味関心ををそれを持ち受け入れること。
つまり、周囲への意識を高め関係ない物事に惑わされないことが大切です。

ぜひ今日からそんな生活をスタートしてみてください!
違いを感じられるはずです。
そしてさらに集中力注意力で違いを実感したい方には、
こちらのGanbaMAX®プラスがお勧めです。
脳すっきりで人生をスーパーチャージしよう!

2013年8月25日日曜日

心をリラックスさせてくれる食べ物とは?




Photo credit: Zoltan Papp. / Foter / CC BY-NC-ND


毎日の忙しい生活でイライラ。ちょっとしたことで頭にきてしまい、
気分が上がらないなどということありませんか?
落ち着かない気分や不安な気分。
実はそんな人は、セロトニン(神経伝達物質)が不足しているからでは?


セロトニンとは?

ではセロトニンは何でしょうか?
簡単に説明すると感情を安定させる神経物質で、
セロトニンが少なくなったりうまく機能しなくなると、
気分が落ち込んだり不安にになりやすいと言われています。

セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られますが、
必須アミノ酸は体内で作ることができないため、
食事から摂取しなければなりません。
そこでイライラ解消、気分を落ち着かせる効果のある
セロトニンのもとになる「トリプトファン」を多く含む食べ物を紹介しましょう!

ここで注意したいのが、トリプトファンだけでは、「セロトニン」にはなりません。
一緒に必要な栄養素は「ビタミンB6」。

 

気分を落ち着かせてくれる〜食べ物

 



①まずはおなじみのバナナ
トリプトファンの含有量は多くないもののバナナは手軽に食べれ、
多くの栄養素を含んでいます。毎朝1本ずつ食べてみてくてはいかがですか? 

乳製品ー牛乳やチーズ、ヨーグルト
牛乳やチーズなどの乳製品にもトリプトファンが含まれています。
朝食にバナナと組み合わせて食べるのもいいでしょう。

納豆ー一般的に大豆食品がいいと言われていますが、その中でも日本人に馴染がありトリプトファンを多く含む納豆。ビタミンB6も含んでいるので優秀。

かつお、マグロなどの赤身魚
かつお、マグロなどの赤身には、セロトニンを作るトリプトファンと
ビタミンB6両方が含まれています。

さて皆さんセロトニンを増やす事で、ストレスが消え、心を落ち着かせる事ができます。
毎日の食生活の中で食品の中から上手にとってみてください。


気持ちがリラックスすると、脳の働きも断然良くなります。
さらに脳をリラックスさせスーパーチャージしたい方は、
コチラのGanbaMAX®プラスもぜひチェックしてください!







2013年8月8日木曜日

睡眠の驚くべき効果とは!良く寝ると学習効果大。


最近十分な睡眠とれていますか?暑い夏は特に睡眠不足になりがちです。

しかし十分な睡眠がとれていない人は物忘れが多かったりぼーっとすることが多いのでは?

実は、睡眠と記憶力には大きな関係があるのです。

睡眠不足が記憶力に悪影響を与えることは、多くの研究結果で実証されていますが、
それ以上に十分な睡眠が新しい記憶を持続させてくれ、
学習の大きな武器にもなることをご存知ですか?









通常日中に処理された情報は、夜寝ている間に何百回も頭の中で繰り返され、処理されます。

つまり睡眠が学習の大きな助けをしてくれます。




質の高い睡眠(つまり中断されない深い睡眠)は、

脳の健康と機能の効率化にとても重要な役割を果たしています。

十分な睡眠時間がとれない人は?



分かっていても毎日十分な睡眠時間が確保できるわけではありません。
ではそんな時こそどうすればいいか?
答えは、昼間に20分程度の短い昼寝をとることです。
逆に長すぎは禁物。
NASAの研究でも、パイロットが26分程度の昼寝をとった際、34パーセントも
その後のパフォーマンスのレベルが高まったという結果がでています。
これは驚きの数字です。


また脳の働きが一番鈍い時間帯は、実は昼間なのです。

午後2時から3時ぐらいの時間帯が一番脳機能が低下する時間です。
だから、そんな時間に勉強や会社の会議をしたりするのは、逆効果になります。
勉強をするなら、ぜひ朝、または夕方から夜にかけてがお薦めです。


睡眠に意識を向け十分な眠りをとりましょう!
学習効果や脳の機能も倍増すること間違いなし。








2013年7月30日火曜日

ストレス解消法ポイント




現代人の生活にストレスはつきもの。
毎日ストレスを感じる場面が多々あるはずです。
職場、友人関係などなど。
もちろんストレスの根源をなくすことが一番大切ですが、
すでに感じてしまったストレス対処法や解決法についてお話ししましょう。
ストレスを感じてしまった時、どうすればいいのでしょうか?
その対処法ポイントとは。  






ポイント① 十分な睡眠をとること。


心身ともに疲れている状態な時こそ体と脳を休ませてあげることが、単純なようで一番大切なことです。
十分な睡眠をとることで心も体もリラックスすることができます。
一番簡単で効果がある方法です。



ポイント②深い深呼吸をする。


イライラしている時こそ、大きな呼吸をするのを忘れています。
そこでまず深呼吸を大きく3回してみてください。
空気が体や脳にいき渡り気分が落ち着くはずです。


ポイント③運動をする。



定期的にエクササイズをすることでストレスが減少するという
科学的な研究結果がでています。

そこで、週に1回でいいので時間をみつけて、運動をする時間をつくってみましょう。
 手を大きく広げてストレッッチするだけでも効果があります。



ポイント④気分を落ち着かせる栄養成分を摂取する


長い期間ストレスを感じると脳や体に悪影響を与えてしまいます。
そんな時こそ、気持ちを落ち着かせてくれる栄養素成分を上手にとってみるのもお薦めです。
例えばお勧めの成分は、GanbaMAX®プラスにも含まれる緑茶抽出物(テアニン)
緑茶抽出物に含まれるテアニンは、精神的や肉体的なストレスを減少させ、
気分を高めてくれると科学的な研究でも証明されている栄養素なのです。
 
ストレスを長期間感じることで、精神的にだけでなく肉体的にも障害が
でてきます。また脳にも悪影響を与え、思考力の低下ややる気なさにも繋がってしまいます。

ぜひ毎日の生活の中から少しでもストレスを減らせるように
健康的な生活を送ることもぜひ心掛けましょう。



ぜひこの暑い夏をストレスなく、元気に乗り切るために、
GanbaMAX®プラスを生活にプラスしてエネルギッシュな
夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?